1. IIDA top >
  2. from IIDA Japan Chapter >
  3. from President

from IIDA Japan Chapter

from President

From President(2022.7.1)

猛暑が早くもやってきてしまいました。
梅雨が例年よりも早く明け、ジリジリとした日差しに早くもギブアップ気味です。
それでも7月から始まるリフォーム案件が2件。真夏の工事期間に被ってしまい、今から熱中症対策を真剣に考えています。 また、資材高騰で造作家具の見積もりが今年の初めよりさらに高くなっており(目を疑う金額に!) 見積もり作成で数字を打ち込む手が震えます。(冗談抜きです)

そんな暑さ厳しき折ですが、皆様と直接お目にかかれる企画を現在2つご案内しております。

ひとつは7月13日(水)開催の<IIDA 会員及び学生 限定企画>SR見学&セミナー IIDA×MANAS

午前と夜の部に加え、新たに15:00スタートの午後の部も新設いたしました。
会員の皆様に1人でも多くご参加いただき、お目にかかれることを願っております。
ぜひお待ちしています。

そしてもうひとつは8月2日(火)開催のpoint 0 marunouchiの見学会

IIDA オンラインセミナーのサスティナブル企画にて2回にわたり話題になりました“point 0 marunouchi” の見学会となる特別企画をご案内いたします。
4/6に行われたIIDA online seminarでサスティナブルについてお話いただいたアストリッド・クライン氏がデザインした場所です。 大企業が複数参加し、さまざまな実証実験を継続して行なっているサスティナブルなプロジェクトとなコワーキングスペースです。 ぜひ実際にその空間で体感していただければと思います。
先着20名様までの企画となります。
こちらは一般の参加者も参加可能な企画になるため、早めのお申し込みをお勧めします。

見学会は12:00前に終わる予定ですので、希望されるメンバーで、近隣でランチでもご一緒できればとも考えております。 ぜひこの機会をお見逃しなく。

暑い日が続きますが、会員の皆様も体調には気をつけて元気にお過ごしください。
近く皆様にお目にかかれることを楽しみにしております。

細井絵理子
Japan Chapter President

From President(2022.6.1)

梅雨前の爽やかさが残る心地よい初夏の空気を感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は先月、プラダ青山店で開催されている『Role Play』を観てきました。
デジタル時代が加速し、メタバースやWeb3の拡大が言われる今だからこそ、「他者から見た自分」と「見せたい自分」、そして「本来の自分」について考えさせられるこの企画展は大変興味深いものでした。
NYの写真誌の編集長のだったメリッサ・ハリスがキュレーションした5組6人のアーティストの写真や映像、音声の作品を見ることができます。どれも小難しい内容ではなく、ハッとした驚きと気付きがあり、かつユニークなものです。また会場がこの企画展に合わせて全て深いロイヤルブルーで彩られているところも見所です。コンパクトな企画展なので短時間で見られますし、事前予約の必要がありませんので表参道周辺に行かれた際はぜひご覧になってみてください。会期は6月20日までです。

最近、メタバースの実装を始めた企業が加速度的に増えてきました。大和ハウスが先日発表したことも記憶に新しいところです。
そんな中、最近、原研哉氏がメタバース時代のデザイン性についてTwitterで呟いたことに注目しています。
また、プラダなどの世界的トップブランドがNFTのデザインを限定販売始める動きも出てきています。デジタル世界とその環境が激変する中で、映像や動画で情報発信する術を持つことの重要性を日々感じています。
6月22日には前回2月にセミナーをしていただいた西脇先生に再度ご登壇いただき、『動画編集セミナー【第2弾】ショート動画を作ろう!』を開催いたします。
前回のアーカイブ動画も会員の皆様だけにみられるようアップいたしました。
前回受講された方も、初めての人も参考になる内容でお届けいたします。
ぜひ皆様、リアルタイムでご視聴ください。お申し込みお待ちしています。
申込先イベントサイト:https://iidajapanchapter8movie.peatix.com/

そしてようやく、インテリア関連メーカーの新作コレクションの展示会や発表会がフィジカルで行われるようになってきました。
オンラインも便利で安心ですが、やはり実際に素材に触れて、直接会って説明を聞くことの充実感に刺激を受けています。
日本支部でも見学会や現地に赴くセミナーなどの企画を実現させるべく、現在いくつかの企画の準備をしています。
お楽しみに。

細井絵理子
Japan Chapter President

From President(2022.4.18)

IDAメンバーの皆様

訃報

IIDA Japan Chapterで以前 名誉顧問をお引き受けいただいておりました松本茂先生が
2022年4月11日に逝去されました
87歳でいらっしゃいました
ここに生前のご厚誼を深く感謝し ご冥福をお祈りするとともに 謹んでご通知申し上げます

松本茂先生はIIDA日本支部の前身であるISID(International Society of Interior Designers )の Japan Chapter設置のためにご尽力された方で現在のIIDA Japan Chapterの礎を築いてくださった方です
IIDA Japan Chapterの30周年イベント(2013)の際は 様々な資料を提供し お話ししてくださり ご協力いただきました
IIDA Japan Chapterとして またそのメンバーの一人としてあらためて御礼申し上げます

私個人の話になりますが、学生時代 インテリアの学校で松本先生が作成された建築家具装飾史の膨大な資料に触れる機会がありそれらを読み耽った一人です
現在 私が建築史や美術史に大きな関心を寄せるきっかけは松本先生でした
また 小田原のご自宅にお伺いし IIDAのために取材させていただいたことも忘れられない思い出です
“自分らしく美しく住まうということ”の大切さを教えていただきました

大きな感謝と共にご冥福を心よりお祈りいたします

なお ご葬儀は既に4月14日に家族葬にて執り行われたとご家族よりお知らせいただいております

細井絵理子
Japan Chapter President

From President(2022.3.16)

急に春らしい日差しが差し込むようになってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

春の風と共に、私を毎年悩ます“花粉症”の原因、スギ花粉がサッシや吸気口などの僅かな隙間から襲いかかってきます。
かれこれこの症状とは30年の付き合いですが、今年はかなり強敵です。
ここ数年は薬を飲まずになんとかやり過ごし、毎年「ドローだ〜」と勝手に引き分け宣言して強がっておりましたが、今年は難しいかもしれません。あ〜、なんだか、すごい敗北感です。
いや、でも7年間、毎朝、ほぼ毎日、おそらく年間350日は飲み続けているであろう特製スムージーの効果はあるはず。
ヨーグルト摂取して、小松菜やフルーツのビタミンと酵素も加わって、腸内フローラも活性化しているはず。
そう、全て「はず」。おまじないのようなものなのです。

前置きが少々長くなりましたが、長く続けることの意義について最近よく考えます。

私は幼少期、典型的な三日坊主少女でした。
習い事で続いたのは、バレエ(なんとモダンバレエ!)ぐらいで、これは保育園時代から中学1年生までやりました。
ちなみに辞めた理由は、成長期、私の骨格(主に脚)を見た先生から「無理して続けなくてもいいわよ」と言われたことでした。プロを目指さないでしょ、ここはそういう教室ですよ、という意味だったと今では理解しています。
そして何十年も前のあの日のことを、なぜか今日、花粉辛いと、思いながら鮮明に思い出しました。
スタジオに差し込む午後の光や春の空気。キュッキュと鳴る床の音。そして少し年上の先輩たちの何も語らない視線。
大人って、本気って、厳しい!と初めて知った春の日でした。
そしてバレエ以外は、ピアノも英会話も日記も、多くのコトやモノが短期間で私の記憶から薄れ、忘却の彼方へと過ぎ去っていきました。

そんな私ですが、現在、続いていることが二つあります。それはインテリアと陶芸です。
この二つ、なんとなく関連ありそうと思われる方がいらっしゃるのではと思いますが、私の中では全く違うカテゴリーに分類されています。
それはやはり、授業料を払って体験を得ている趣味の時間と、代金を頂戴して時間と労力を惜しまず作業する仕事を同列に扱うことは出来ないからです。

でも、これまで最も時間と労力をかけてきた仕事のやり方を、少し違ったアプローチで変化させていきたいと思っている私がいます。
ほんの少し、視点を変えて。眠ってほっかむりをしているチャレンジ精神を揺り起こせば、何かが始まるかもしれない。
そんな風に、思っている私がいます。

花粉症がひどいから。

それがなぜ、こういう文章の流れになったのかはよくわかりません。つらつらと書き始めたらここに着地しました。
なのでどうか、大きな変化を望んだり、何かを辞めようと思っているわけではありませんので、心配はしないでくださいませ。

長く続けてきたからこそ、現状維持に行きがちな私ですが、春ですし、ちょっと気分を変えようとそんな気分でいます。

新しいことを始める時に、皆様が意識してする行動があったらぜひ教えてください。

好きだから続いているのか。
続けているから得意になったのか。
それとも、続けてきたから、その時間と経験に価値があると思いたいのか。

春はいろいろなことを私に投げかけてきます。

細井絵理子
Japan Chapter President

From President(2022.2.1)

会員の皆様2022年がスタートいたしました。

昨年末、静岡県の三保の松原と日本平に小旅行をいたしました。
富士山はどこまでも美しく、雄々しいながらも優美な姿を見せてくれました。
澄んだ青空。暮れゆく霞がかった日本画のような夕焼け。冬の空と富士を眺めながら、2022年に思いを馳せました。
久能山東照宮の境内の高い石段を登りながら、来年こそ良い年になりますようにと願いました。

さまざまな制約を強いられる時代ですが、IIDA Japan Chapterはこれからもさまざまな企画を皆様にお届けしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

<2022年 IIDA Japan Chapterの企画>

今年最初の企画は、昨年開催を予告しておりましたオンラインセミナー第6弾です。

IIDA ONLINE SEMINAR vol.6 2022年2月22日(火)開催
スマホやタブレットで簡単操作! 動画編集セミナー【基礎編】

お申し込みはこちらからになります。
Peatix イベントページ:https://iidajapanchapter6movie.peatix.com/

SNSでの動画配信が当たり前になった昨今、IIDA Japan Chapterでも会員が自らが手軽に、自身の仕事やデザイン力を内外に発信できる動画を作ることが出来る様にオンラインセミナーを企画しました。
タブレットやスマホで簡単に動画編集をするためのコツを西脇功先生に解説していただきます。

iPadやiPhone、Androidスマホで使えるアプリ『InShot』を使用します。
IIDA会員は無料です。ぜひご参加ください。

そして、サスティナブル企画の第2弾も素晴らしいゲストをお招きして4月に開催予定です。
今月中に詳細を発表いたします。お楽しみに!

細井絵理子
Japan Chapter President

ページ上部に戻る